【家族葬と火葬式・直葬の違い】費用や特徴を知って最適なプラン選びを!

【家族葬と火葬式・直葬の違い】費用や特徴を知って最適なプラン選びを!

家族葬のらくおう・セレモニーハウス スタッフブログ

ご葬儀のこと

公開日:
最終更新日:
【家族葬と火葬式・直葬の違い】費用や特徴を知って最適なプラン選びを!

家族葬と火葬式・直葬の違い

【家族葬と火葬式・直葬の違い】費用や特徴を知って最適なプラン選びを!

家族葬のらくおう・セレモニーハウス 葬祭ディレクターの東條です。

前回、一日葬と家族葬の違いをこのブログで紹介しました。その中で、一日葬はお通夜を行わず告別式と火葬のみを一日で執り行うご葬儀形式だとお伝えしましたが、さらに告別式まで省略したご葬儀のことを「火葬式」や「直葬」といいます。

本日は「火葬式・直葬」と「家族葬」に焦点をあて、ご葬儀内容、それぞれの「メリット・デメリット」、そして「どのくらい費用が必要なのか」などを比較したいと思います。

家族葬/火葬式・直葬とはどんな葬儀なのか?

まず最初に、家族葬と火葬式・直葬が、どのようなご葬儀なのかをご説明します。

家族葬とは?

家族葬は、ご家族を始めとする親しい方のみで執り行われるご葬儀です。参列者の範囲を限定することができるため、必然的に少人数のご葬儀になることが多いです。家族葬という名称から、ご家族のみのご葬儀と勘違いされがちですが、ご親戚やご親友など、誰をお呼びするかは、ご家族様が自由に決めることができます。

なお、一日目にお通夜・二日目に告別式をおこなうご葬儀の基本的な流れは、一般葬と同じです。



火葬式・直葬とは?

先にも触れた通り、お通夜や告別式をおこなわず、直接火葬場で短時間のお別れと火葬、収骨のみをおこなうご葬儀のことを「火葬式」といい、別名「直葬」ともいわれています。火葬式も直葬は名称が違うだけで、内容は同じと思っていただいて大丈夫です。家族葬同様、一般の方の参列はなく、ご家族やご親族など身内のみで執り行われます。



「家族葬」と「火葬式・直葬」の違い

上記から、家族葬・火葬式・直葬ともに参列者は身内中心で、一般参列者がいない点で共通していることがわかりました。葬儀の内容は、家族葬がお通夜・告別式・火葬と通常のご葬儀の流れを踏襲しているのに対し、火葬式・直葬は儀式を省略し、火葬によって故人を弔うご葬儀形式だということもご理解いただけたと思います。

続いてはそれぞれの葬儀スタイルの、メリット・デメリットをみていきましょう。

家族葬と火葬式・直葬のメリット・デメリット

一般的にいわれている、家族葬と火葬式・直葬のメリット・デメリットは以下の通りです。

家族葬のメリット

ご家族様の負担を軽減できる

身内や親しい方々のみでおこなうご葬儀のため、弔問客へ気兼ねすることなく、ゆったりとした気持ちで最後のお別れをすることができます。



形式にとらわれない自由な葬儀ができる

故人様の生前の趣味を反映させた、その方ならではのご葬儀を実現できます。葬儀の内容に関する自由度は、どの葬儀形式よりも高いです。



コロナ対策としても有効

親しい方のみでおこなう家族葬は、結果的に少人数になることが多く、新型コロナウィルスの蔓延防止が急務の昨今においては、コロナ対策のしやすいご葬儀と言えます。

家族葬のデメリット

参列者の選別が悩ましい

家族葬の最大の特徴は、参列者を限定する点にありますが、ご家族様がもっとも悩まれる点もこの点にあります。ルールがなく自由に参列者を決められる分、どなたまでをお呼びしすればよいかの線引きが難しいようです。



葬儀後の弔問客対応が忙しい場合がある

家族葬の場合、訃報を葬儀後に知る方も多いため、葬儀後の弔問客は増える傾向にあります。対応に追われて疲れてしまわないよう、落ち着いたタイミングで訃報を送る、場合によっては弔問を辞退するなどの工夫が必要です。

家族葬のメリット・デメリットについてはこちらの記事も参考にしてください。

火葬式・直葬のメリット

費用を最小限におさえられる

ご逝去場所や葬儀社の霊安室から、ご遺体を直接火葬場へお運びして火葬をおこなうため、最小限の費用でご葬儀をおこなうことができます。



葬儀にかかる時間を最小限におさえられる

お通夜や告別式をおこなわないシンプルなご葬儀のため、ご葬儀にかかる時間も最小限におさえることができます。



ご家族様の負担を最小限におさえられる

儀式がない分、一般的なお葬式で必要な、受付や参列者への挨拶などの対応は不要です。時間も短いので、ご高齢の方が長時間の式に絶えなくてはいけないなどの心配もありません。いろんな意味で、ご葬儀当日のご家族様のご負担を軽減してくれるご葬儀形式です。



コロナ対策としても有効

最小限の人数で、最短で執り行うご葬儀のため、新型コロナウィルスの蔓延防止が急務とされる昨今のご葬儀の形としては、最もコロナ対策がしやすいご葬儀形式といえます。

火葬式・直葬のデメリット

参列できない人の気持ちを害してしまう可能性がある

基本的には身内で執り行うご葬儀のため、参列できない方のお気持ちを害してしまうことも考えられます。特に親しかった方などは、ご不満に思われることもあるかもしれません。もし故人様にとって大切な方で、どうしてもお呼びしたい方がいる場合はお声がけするなどの配慮も必要です。



儀式を省略するため、周囲の理解を得難い

ご葬儀とはこういうものだという考えをお持ちの方はまだまだ多いです。火葬式・直葬はお通夜・告別式といった儀式を省略するため、そのことに抵抗のあるご親族などから反対されるケースも考えられます。
またお送りする側の方(喪主やその立場の方)も、火葬だけのご葬儀に関しては特に葬儀内容などを慎重にご検討いただく必要があると思います。
やはり、後悔をしてもやり直せないのがご葬儀です。



菩提寺が納骨を認めてくれない場合がある

ご葬儀は宗教行事にあたるため、通常のお通夜・告別式・火葬式の流れを重視します。火葬式
・直葬はまだ新しい葬儀スタイルですので、菩提寺によってはNGとなり、納骨を認めてもらえない場合もあります。必ず事前に、菩提寺へ相談して決めるようにしましょう。

家族葬と火葬式・直葬のメリット・デメリット比較

上記から、家族葬も火葬式・直葬も、一般参列者がおらず比較的小規模なご葬儀になることがわかりました。

また一般葬と比較すると、ご葬儀当日のご家族様の負担を大きく軽減できるという点でも共通していますが、お通夜や告別式を行わない分、火葬式・直葬のほうが、より負担は少ないといえるでしょう。

家族葬の場合は、参列者を限定して、通常の宗教儀礼はおこなうため、親しい方が集まって、アットホームな雰囲気の中、故人様ならではのお見送りができるという点が、最も大きなポイントになります。

家族葬と火葬式・直葬の費用相場

それぞれのメリット・デメリットがわかったところで、費用を比べてみたいと思います。一般葬に比べると、家族葬も火葬式・直葬も費用は少なくおさえることができますが、火葬式・直葬のほうが、より多く費用を削減することができます。

株式会社鎌倉新書が2020年4月に発表した「お葬式に関する全国調査」によると、お葬式にかかる費用は以下のようになっています。

■一般葬
葬儀費用:1,493,624円
飲食費:421,195円
返礼費:480,751円
合計:2,395,570円

■家族葬
葬儀費用:964,133円
飲食費:208,946円
返礼費:197,835円
合計:1,370,914円

■火葬式・直葬
葬儀費用:445,376円
飲食費:183,521円
返礼費:173,727円
合計:802,624円

※出典元 https://www.e-sogi.com/guide/30620/

上記の表から、一般葬の約240万という合計金額に対して、家族葬は4割以上、火葬式・直葬は7割近くまで削減できていることがわかります。費用面だけで考えれば、火葬式・直葬が最もコストをおさえたお葬式ということになりますね。

結論:家族葬と火葬式・直葬 どちらがおすすめ?

これまで家族葬と火葬式・直葬の特徴やメリット・デメリット、そして費用についてお伝えしてきました。大幅に費用削減を考えている方は、火葬式・直葬がよさそうですが、その場合は、菩提寺やご親族からの理解が必要不可欠です。一方家族葬は、通常の儀式はそのままに、参列者の範囲を限定するご葬儀のため、気兼ねのいらないアットホームなご葬儀という点が大きなメリットといえるでしょう。

以下に、それぞれのご葬儀スタイルが、どのような人に向いているかをまとめてみましたので、ご参考にしてください。

火葬式・直葬が適しているケース

・葬儀に呼ぶ人が比較的少ない
・費用を最小限におさえたい
・葬儀は一日で済ませたい
・菩提寺からの許可を得ている



家族葬が適しているケース

・身内だけの少人数の葬儀を希望している
・形式にとらわれない自由な葬儀を希望している
・親しい人たちに囲まれて、アットホームに送り出したい
・お通夜・告別式を省略したくない

まとめ

いかがだったでしょうか。ご葬儀スタイルの多様化によって選択肢は広がりましたが、それぞれの特徴を踏まえ、ご自身やご家族様に適したご葬儀スタイルを選ぶことが大切です。「こうしたい」というイメージから、葬儀スタイルを選んでみてもよいと思います。もし迷われている方がいらしたら、まずはお気軽にご相談ください。ご相談いただくことで、最適なプランが見つかるかもしれません。

京都・大阪・滋賀・兵庫でご葬儀をお考えの方は、ぜひ、家族葬のらくおうセレモニーハウスまでご連絡ください。資料請求・お見積もり・ご相談はこちらからお問い合わせください。

葬祭ディレクター東條大輔

営業部 東條 大輔

営業部 東條 大輔

お葬式をするということは人生で何度も経験するものではありません。何をしていいかわからない、不安なことばかりだと思います。…

葬儀のご依頼・ご相談
お急ぎの方

フリーダイヤル
365日24時間受付
0120-40-8343
0120-40-8343 こちらを押してお電話下さい

私たち葬祭ディレクターが承ります

  • 葬祭ディレクター 川端 勇気
    川端 勇気
  • 葬祭ディレクター 松井 拓也
    柴田 伸
  • 葬祭ディレクター 北村 悠
    北村 悠

資料・お見積り請求
資料・お見積り請求 メールで請求・相談をする

資料・お見積り請求
  • メールでも郵送でもお送りいたします
  • すぐにご送付いたします
  • ご不明点は、わかりやすく何度でもご説明いたします

出張でのご相談 出張でのご相談 対面相談を予約する

出張でのご相談
  • ご自宅や病院、喫茶店などご指定の場所にお伺いいたします
  • ご都合に合わせて、深夜早朝でもお伺いいたします

京都・大阪・滋賀・兵庫の
葬儀費用・プラン

火葬式・直葬

火葬場で待ち合わせ
人や費用を最低限に
お別れ直葬プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

9.5万円〜

(税込10.5万円〜)

火葬場で待ち合わせ
火葬場で待ち合わせ
待ち合わせ火葬式プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

12.5万円〜

(税込13.8万円〜)

葬儀会館からご出棺
葬儀会館からご出棺
火葬式プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

15.5万円〜

(税込17.1万円〜)

家族葬

家族葬
一日葬プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

29.5万円〜

(税込32.5万円〜)

二日葬プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

39.5万円〜

(税込43.5万円〜)

葬儀のご依頼・ご相談
お急ぎの方

フリーダイヤル
365日24時間受付
0120-40-8343
0120-40-8343 こちらを押してお電話下さい

私たち葬祭ディレクターが承ります

  • 葬祭ディレクター 川端 勇気
    川端 勇気
  • 葬祭ディレクター 松井 拓也
    柴田 伸
  • 葬祭ディレクター 北村 悠
    北村 悠

資料・お見積り請求
資料・お見積り請求 メールで請求・相談をする

資料・お見積り請求
  • メールでも郵送でもお送りいたします
  • すぐにご送付いたします
  • ご不明点は、わかりやすく何度でもご説明いたします

出張でのご相談 出張でのご相談 対面相談を予約する

出張でのご相談
  • ご自宅や病院、喫茶店などご指定の場所にお伺いいたします
  • ご都合に合わせて、深夜早朝でもお伺いいたします

家族葬の
らくおう・セレモニーハウス

京都・大阪・滋賀・兵庫のご葬儀、家族葬
些細なことでもご相談ください