【直葬とは?】費用や流れ、注意点を知って失敗しないご葬儀を。

【直葬とは?】費用や流れ、注意点を知って失敗しないご葬儀を。

家族葬のらくおう・セレモニーハウス スタッフブログ

ご葬儀のこと

公開日: 【直葬とは?】費用や流れ、注意点を知って失敗しないご葬儀を。

【直葬とは?】費用や流れ、注意点を知って失敗しないご葬儀を。

【直葬とは?】費用や流れ、注意点を知って失敗しないご葬儀を。

家族葬のらくおう・セレモニーハウスの葬祭ディレクターの金です。

ご家族やご親族がお亡くなりになられた時に、故人様に安らかにお眠りいただくために執り行うのがお葬式ですが、ひと昔前に比べ近年はそのスタイルも多様になってきました。特に最近は、「家族葬」や「直葬」「火葬式」など少人数で行うご葬儀の需要が高まってきています。本日はそのうちのひとつである「直葬」についてご説明したいと思います。

家族葬のらくおう・セレモニーハウスの直葬・火葬式プランはこちらをご覧ください。

直葬とはどんなご葬儀ですか?

「お通夜」や「告別式」を行わずに、ご遺体を、お亡くなりになられた場所や専用の霊安施設から直接火葬場へお運びして火葬を行う、最もシンプルなご葬儀のことを「直葬」といいます。大勢の人が集まる一般葬とは異なり、ご家族やご親族、親しいご友人など数名で行うことが多いです。

直葬のメリット

直葬には以下のようなメリットがあります。

気兼ねなく故人様をお見送りできる

身内をはじめとする親しい方々のみの集まりのため、参列者へ気を使うことも少ないです。


ご家族及び参列者の負担を軽減できる

身内が中心のため、参列者の対応におわれることもなく、また時間も最小限に抑えられるため、ご高齢のご参列者様などの身体的負担も軽減できます。


費用を最小限に抑えられる

最もシンプルなご葬儀のため、通常のご葬儀に欠かせない返礼品にかかる費用や、大規模な飲食費などがかからないため、時間と費用を最小限に抑えることができます。

直葬のデメリット

直葬には以下のようなデメリットがあります。

菩提寺や親族への同意が必要

直葬の場合、菩提寺によっては納骨を断られる場合があります。また親族から反対される可能性も考慮にいれておく必要があります。


参列できない人へのケアが必要

葬儀といえば駆けつけるものという方もまだまだ多いため、どこかで噂を聞きつけたお知り合いが当日参列に訪れるなどのトラブルも考えられます。身内のみで行うことを周知することで予防線をはりつつ、当日ご参列希望があった場合は失礼のない対応を心がけましょう。


お別れの時間を充分にとることができない

直葬は、お通夜や告別式を省いて最短で火葬をおこなうご葬儀形式のため、限られた時間の中で故人様とのお別れをしなくてはなりません。

直葬の流れ

直葬は、通常のご葬儀における様々なプロセスを省き、とてもシンプルにしたものです。そのためご葬儀の流れも一般的なものとは大幅に異なります。直葬の流れは下記の通りです。

直葬の流れ

ご臨終

安置

ご自宅や葬儀社が所有する安置施設へご遺体を搬送し、24時間安置します。

納棺

故人様に死装束を着せ、棺(ひつぎ)におさめます。

出棺

ご家族様や葬儀社の担当者数人で棺を持って、寝台車へ運び入れ、火葬場へ搬送します。

火葬

お骨上げ

火葬後に、ご遺骨を骨壷に収める儀式を行います。

直葬の費用

直葬の大きなメリットの一つは、費用を抑えられる点ですが、大体の費用相場はどの程度なのでしょうか。直葬は、一般葬に比べて約1/5ほど、家族葬と比べても約半分程度に費用負担を抑えることができます。葬儀会社のプランによっても差はありますが、だいたい15〜25万程度が直葬の平均額といわれています。

家族葬のらくおう・セレモニーハウスの直葬・火葬式プランはこちらをご覧ください。

直葬で、特に気をつけたい注意点とは

シンプルなご葬儀だからこそ、直葬には一般葬とは異なるマナーもあります。こらから直葬を執り行なおうと思っている方は、以下の点に気をつけましょう。

お亡くなりになられてから24時間は火葬ができません。

直葬は、死亡後すぐに火葬を行う葬儀形式ですが、厳密には24時間の経過期間があります。かなり稀なケースですが、過去には火葬中に蘇生するという事例もあったことから、24時間経ってからと火葬をしなければならないと法律で定められているためです。そのため、丸1日は、ご遺体をどこかに安置しておく必要があります。

菩提寺やご親族のご了承が必要です。

前述の通り、直葬の場合、菩提寺によっては納骨を断られる場合があります。なぜかというと、通常のご葬儀であれば、お通夜や告別式の際に僧侶の読経があり、その後火葬となりますが、直葬はそれを省略したご葬儀のため、中には直葬を快く思わない僧侶もいらっしゃるためです。
同じようにご親族の中にも、お通夜と告別式を行ってこそご葬儀だと考えている方もいらっしゃるかもしれません。そのため直葬を執り行う際は、事前に菩提寺や身内の方からの了承を得て、納得の上おこなうことをお勧めします。

まとめ

いかがだったでしょうか。
最もシンプルな葬儀である「直葬」は、いろいろなプロセスが省略されている分、事前に配慮が必要なこともあることをご理解いただけたと思います。しかし、直葬のメリットとデメリットを理解し、このブログでご説明した注意点に気をつけていれば大丈夫です。他にも何かわからないことがあれば、まずはお気軽にご相談ください。

家族葬のらくおう・セレモニーハウス
0120-40-8343
※専門スタッフにすぐにつながります。

洛王セレモニー セレモニースタッフ 金香花

セレモニースタッフ 金 香花

セレモニースタッフ 金 香花

大切な方との最期のお別れが、心おきなく出来る空間を。そのお手伝いを誠心誠意つとめさせていただきます。

葬儀のご依頼・ご相談
お急ぎの方

フリーダイヤル
365日24時間受付
0120-40-8343
0120-40-8343 こちらを押してお電話下さい

私たち葬祭ディレクターが承ります

  • 葬祭ディレクター 川端 勇気
    川端 勇気
  • 葬祭ディレクター 松井 拓也
    柴田 伸
  • 葬祭ディレクター 北村 悠
    北村 悠

資料・お見積り請求
資料・お見積り請求 メールで請求・相談をする

資料・お見積り請求
  • メールでも郵送でもお送りいたします
  • すぐにご送付いたします
  • ご不明点は、わかりやすく何度でもご説明いたします

出張でのご相談 出張でのご相談 対面相談を予約する

出張でのご相談
  • ご自宅や病院、喫茶店などご指定の場所にお伺いいたします
  • ご都合に合わせて、深夜早朝でもお伺いいたします

京都・大阪・滋賀・兵庫の
葬儀費用・プラン

火葬式・直葬

火葬場で待ち合わせ
人や費用を最低限に
お別れ直葬プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

9.5万円〜

(税込10.5万円〜)

火葬場で待ち合わせ
火葬場で待ち合わせ
待ち合わせ火葬式プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

12.5万円〜

(税込13.8万円〜)

葬儀会館からご出棺
葬儀会館からご出棺
火葬式プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

15.5万円〜

(税込17.1万円〜)

家族葬

家族葬
一日葬プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

29.5万円〜

(税込32.5万円〜)

二日葬プラン

事前の資料請求で5,000円割引

会員登録 + 資料請求割引

39.5万円〜

(税込43.5万円〜)

葬儀のご依頼・ご相談
お急ぎの方

フリーダイヤル
365日24時間受付
0120-40-8343
0120-40-8343 こちらを押してお電話下さい

私たち葬祭ディレクターが承ります

  • 葬祭ディレクター 川端 勇気
    川端 勇気
  • 葬祭ディレクター 松井 拓也
    柴田 伸
  • 葬祭ディレクター 北村 悠
    北村 悠

資料・お見積り請求
資料・お見積り請求 メールで請求・相談をする

資料・お見積り請求
  • メールでも郵送でもお送りいたします
  • すぐにご送付いたします
  • ご不明点は、わかりやすく何度でもご説明いたします

出張でのご相談 出張でのご相談 対面相談を予約する

出張でのご相談
  • ご自宅や病院、喫茶店などご指定の場所にお伺いいたします
  • ご都合に合わせて、深夜早朝でもお伺いいたします

家族葬の
らくおう・セレモニーハウス

京都・大阪・滋賀・兵庫のご葬儀、家族葬
些細なことでもご相談ください